ウェイトを素早く持ち上げればあなたは迅速になるのか?(強さは特異的)パート3/4

3475
Article/Video
Article

パート2/4はこちらへ
パート4/4はこちらへ

なぜ筋力増加は速度特異性であるのか?(パート2)

速度特化の筋力増加を引き起こす可能性のある要因は多数存在する。下記は有力な候補の一部である。

  1. 筋肉構造
  2. 筋繊維タイプ
  3. 腱剛性
  4. 特定繊維速度
  5. 神経適合

我々は、これらの個々の要因は、速度重視(例:高速バリスティック動作もしくは爆発的な等尺性収縮のどちらか)、もしくは力重視(例:高力ストレングストレーニングもしくは持続的等尺性収縮のどちらか)のいずれかの後、異なる方法にて変化するのかどうかということを解明しようとすることができる。

我々はまた、それらが理論的に初期段階の影響(力開発の速度)もしくは後期段階の影響(高速の筋力)を生み出す傾向が強いかどうかを検証することも可能である。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...