ウェイトを素早く持ち上げればあなたは迅速になるのか?(強さは特異的)パート4/4

3953
Article/Video
Article

なぜ筋力増加は速度特異性であるのか?(パート2 続き)

#3. 腱剛性

剛性とは、物質が伸長されることに抵抗する程度である。剛性の高いバネは負荷を付けたとしても、少ししか伸長しない。一方、柔軟なバネは非常に長く伸長する。

システムに含まれる際、剛性のより高いバネは、端から端まで迅速に力を伝達するため、より優れた力開発速度を持つ。より柔軟なバネは、力開発速度が遅く、ゆえにシステムに伝達する前に力のいくらかを吸収してしまう。

ストレングストレーニングは腱剛性の増加につながり(ベームおよびその他、2015年)、また、力開発速度の上昇にもつながる(ブレゼビッチ、2012年)。

より高い負荷は腱剛性の増加につながるため、ストレングストレーニングの効果は負荷により影響を受け(ベームおよびその他、2015年)、強度レベルは腱特性と関連がある(ムラオカおよびその他、2005年)。一部の研究者たちは、より高い負荷はより軽い負荷と比較し力開発速度のより優れた上昇を生み出す可能性があり(ブレゼビッチ、2012年)、腱剛性の増加はこの適応が起こるメカニズムである可能性があると提議している。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...