fbpx 風船の膨らませ方 パート1/3 | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコスMOVEPROウェビナーシリーズ第5弾!トッド・ハーグローブによる「痛みの科学への実践的洞察:フェルデンクライスの観点から」を8月8日&9日にライブ配信。このウェビナーとロリマー・モーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオと同時購入すれば、ビデオ、ウェビナーともに10%オフ!既にモーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオをご購入済みの方は、こちらのリンクからご連絡ください。ウェビナー参加費割引となるクーポンコードをご提供します。

風船の膨らませ方 パート1/3

コンテンツ提供:
2330
Article/Video
Article

パート2/3はこちらへ

最近少しずつですが、呼吸に関してこの業界で注目が集まっているように思います。そしてPostural Restoration Institute(PRI)の教育コーディネーターをさせて頂いて関係もあって、風船を膨らませるエクササイズを取り入れている方を見る機会が増えています。しかし、やみくもに風船を膨らませばそれでいい、効果が出る、というわけではありません。風船を使った呼吸エクササイズは非常にパワフルで、筋骨格系に与える影響だけでなく、神経系や精神的、生化学的な部分まで影響を及ぼします。そこで今回はPRIの視点から見た風船の正しい膨らませ方について記事を書いてみたいと思います。

風船を膨らませるにはいくつかの手順があります。

1) 風船をくわえる
2) 風船を膨らませる体勢を整える
3) 息を吐いて風船を膨らませる
4) 息を吐き切ったら3~5秒静止する
5) 鼻から息を吸う
6) 再び息を吐いて風船を膨らませる

そして3)から6)のプロセスを4-5回繰り返せば風船はちょうど一杯になるかもしれません。膨らませている途中に風船が大きくなってきて割れるのが怖いですが、思ったより風船は大きくなりますよ。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

BP&CO.
Takashi Onuki
アスレチックトレーナー
2004 タウソン大学卒業 2006 フロリダ大学大学院で応用運動生理学を修了。大学院の Graduate Assistant 制度で、Eastside 高校でヘッドアスレティックトレーナーを務める テキサス・レンジャースでのホームインターンを務めた後、 NBA のマイナーリーグであるフォートワース・フライヤーズでヘッドアスレティックトレーナー 2007 NBA オールスターゲームに於いて、初めて...