大貫 崇Takashi Onuki

BP&CO.
アスレチックトレーナー
PRIジャパンの教育コーディネーターを務めるATC
    2004
  • タウソン大学卒業
    2006
  • フロリダ大学大学院で応用運動生理学を修了。大学院の Graduate Assistant 制度で、Eastside 高校でヘッドアスレティックトレーナーを務める
  • テキサス・レンジャースでのホームインターンを務めた後、 NBA のマイナーリーグであるフォートワース・フライヤーズでヘッドアスレティックトレーナー
    2007
  • NBA オールスターゲームに於いて、初めて開催された D-League オールスターゲームの東軍トレーナーとして選出される
    2009
  • Medical Center of Arlington( テキサス州 )、 Professional Physical Therapy( ニューヨーク州 )の理学療法クリニックでアスレティックトレーナーを務める
  • TMI Sports Medicine(テキサス・レンジャースのチームドクター、Keith Meisterのクリニック) のアスレティックトレーナーに就任リハビリ・コンディショニング・投球動作解析を担当
    2012
  • アリゾナダイアモンドバックスのマイナーリーグアスレティックトレーナーを2シーズン務める
    2013
  • 10月に帰国後、株式会社リーチに所属
    2015
  • PRI Japanの教育コーディネーターに就任
    2016
  • 株式会社リーチを退社後、同社教育コーディネーターを務めつつBP&CO.立ち上げ
    2017
  • 大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室にて特任研究員として所属
  • ATC (NATA-BOC)
  • CSCS (NSCA)
  • PES (NASM)
  • PRT (PRI)
  • FMS
  • CFSC
  • DNS Cコース修了

共著書に「勝者の呼吸法 〜横隔膜の使い方をスーパー・アスリートと赤ちゃんに学ぼう!〜」(ワニブックスPLUS新書)2016 がある

研究共著に:
”Radioulnar Range of Motion Normative Values for Elite Baseball Players.” Laudner K, Lynall R, Williams JG, Wong R, Onuki T, Meister K. International Journal of Athletic Therapy and Training 2013 Nov; 18(6):32-35

“Thoracolumber Range of Motion in Baseball Pitchers and Position Players.” Laudner K, Lynall R, Williams JG, Wong R, Onuki T, Meister K. Int J Sports Phys Ther. 2013 Dec;8(6):777-83.

“The Relationship Between Clinically Measured Hip Rotation Motion and Shoulder Biomechanics during the Pitching Motion” Laudner K, Wong R, Onuki T, Lynall R, Meister K. J Sci Med Sport. 2015 Sep;18(5):581-4.

この提供者によるコンテンツ

1:12:40
谷 佳織, 大貫 崇
2017/10/16 配信
一般公開セクション:34:29分 会員ボーナスセクショ...
3050
大貫 崇
2016/08/03 配信
前回のアーティクルでは、スイング側とサポート側のコンセプトについて...
2557
大貫 崇
2016/07/19 配信
みなさん、こんにちは!前回の投稿から少し時間が開いてしまい、あっと...
3238
大貫 崇
2016/05/29 配信
PRIには独特の言語というか言葉遣いが存在しています。左右非対称性...

この提供者によるスペシャルセミナー