fbpx なぜ我々は、ある関節角度において、その他の角度より強いのか? パート3/3 | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコスMOVEPROウェビナーシリーズ第5弾!トッド・ハーグローブによる「痛みの科学への実践的洞察:フェルデンクライスの観点から」を8月8日&9日にライブ配信。このウェビナーとロリマー・モーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオと同時購入すれば、ビデオ、ウェビナーともに10%オフ!既にモーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオをご購入済みの方は、こちらのリンクからご連絡ください。ウェビナー参加費割引となるクーポンコードをご提供します。

なぜ我々は、ある関節角度において、その他の角度より強いのか? パート3/3

3489
Article/Video
Article

パート2/3はこちらへ

通常のストレングストレーニングの際に何が起こるのか?

非常に簡潔に述べると、ダイナミックエクササイズや全可動域を含む通常のストレングストレーニングにおける一般的な傾向は以下のものである。

  • ↑ 局部的筋サイズ
  • ↑ モーメントアームの長さ
  • ↑ 筋束長
  • ↑ 腱剛性
  • ↑ 筋剛性
  • ↑ ニューラルドライブ

通常のストレングストレーニング後におけるθτの変化は、おそらく時により長い筋長(ブレゼビッチおよびその他、2007年)、また時にはより短い筋長(キルガロンおよびその他、2007年)に向かい確実に起こるようである。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...