なぜ筋力増加は特化しているのか?(そしてそれがなぜ重要なのか?)

4339
Article/Video
Article

強くなることはとてもとても大切なことである。

事実、筋力は多くのアスリートにとって最も重要なことかもしれない。

しかし、筋力はたった一つの検査で測定することは非常に困難である。同じ筋群を測定しているにもかかわらず、一つの筋力検査では非常に高いスコアが出せる人でも、別の類似した検査ではそれほど高いスコアが出せない場合もある。

同様に、一つの特定の筋力検査(1RMのバックスクワットのような)のために訓練すれば、その検査のエクササイズにおいては強くなれるだろうが、他のエクササイズあるいはスポーツの運動中において、必ずしも筋力生産が増加するとは限らない。

なぜなら筋力は特化しているからである。

筋力はどのように特化しているのか?

トレーニング中に行われた時と同じ状況で検査する場合、筋力増加はより大きい。この記事で取り上げることになるが、筋力の特化には、最低8通りある

筋力トレーニングのプログラムの有効性を最大限にすることは、アスリートが達成したい特異的な目標にふさわしくデザインすることを意味する。

#1. 遠心性筋力

筋力増加は筋の活動(収縮方法)に特化している。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...