fbpx もっとやれば良いというわけではない理由(そして回復力を高める3つの方法)パート2/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★5月のMOVEPROウェビナーは、MLB選手達の救世主:エリック・クレッシーの「アスリートの脊椎を保護する:アスリートの脊椎を健康に維持するための7つの重要なレッスン」に決定!詳しくはこちらへ。

もっとやれば良いというわけではない理由(そして回復力を高める3つの方法)パート2/2

コンテンツ提供:
2206
Article/Video
Article

あなたが求めている報酬(結果)を実際に得るための3つの方法

幸いなことに、あなたは、全財産を失ったギャンブラーや、チーズを手に入れるために飢え死にするネズミのようになる必要はありません。生物学が自分に不利に働く可能性があることを認識することは、そうならないようにするための第一歩です。

ここでは、その過程で死に物狂いになることなく、求めている結果を得るための私のトップ3戦略をご紹介します:

1. 客観的なトレーニングフィードバックを提供し、正直であり続けるためにテクノロジーを活用する

私たちは皆、結果(ひいては報酬)を駆動するのはトレーニングだけだと信じるように訓練されてきました。

しかし、トレーニングは方程式の半分でしかすぎません。トレーニングに全エネルギーを費やし、人生のあらゆるストレスに対処していると、回復のための余力がなくなってしまいます。

私が回復負債と呼ぶ、穴に陥ってしまいます。

私のバイオフォースHRVデータベースから100万を超えるHRVデータを分析したところ、それらはすべて同じことを指していました:最も頻繁に人々の目標達成を阻むのはトレーニングではなく、回復の不足です。

私たちは、報酬を得るためにはもっと仕事をすればいいと考えるように仕向けられているかもしれませんが、答えはトレーニングレバーを押し続けることではないのです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

BioForce HRV / 8 Weeks Out
Joel Jamieson
BioForce HRV / 8 Weeks Out 代表

コンバットスポーツのストレングス&コンディショニングのオーソリティーとして世界トップクラスの指導者。Ultimate MMA Conditioning の著者であり、数多くの記事の執筆やカンファレンスのスピーカーとしても広く知られている、エネルギーシステムに関しての第一人者。科学的に裏付けされ、実践的に応用できる、個別化されたトレーニングプログラムを指示することで広く知られる。

...