fbpx ポンプハンドルが下がったままなら、ビーチボールポジションを考慮して。 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレイン®著者トム・マイヤーズ4年ぶりの来日指導は、1/30-2/5の7日間。詳細はこちらへ
★アナトミートレイン®筋膜解剖ライブストリーム「歩行の解剖学とダイナミクス」複雑な歩行のメカニクスと解剖学を素晴らしい解剖の映像とともに学ぶチャンスは2/28-3/2に巡ってきます!詳細はこちらへ

ポンプハンドルが下がったままなら、ビーチボールポジションを考慮して。

コンテンツ提供:
2:47
Article/Video
Video

下部肋骨を安定させる外腹斜筋の働きとともに胸郭上部の拡張の獲得を助けるアクティビティを2種、マイケル・ムリンが紹介します。よりアクティブなこれらのアプローチは、1) 胸郭上部の拡張を向上させたい人、2) 表層の筋群を過剰に使用した代償戦略を低減させたい人、3) バランス良く両サイドのZOAを確立させたい人、4) 吸気時の胸筋の働きを抑えて吸気中に肩甲骨後退を促進したい人、5) 吸気時の上腕骨内旋を低減したい人などにも最適です。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Integrative Rehab Training
Michael Mullin
Integrative Rehab Training 代表

マイケルは、トレーニングとリハビリに25年以上にわたる経験を持つ、臨床ベースのアスレチックトレーナーである。NATA認定アスレチックトレーナー、カリフォルニア州理学療法助手、ニューイングランド大学の非常勤講師、およびポスチュラル・リストレーション・インスティチュート(PRI)の認定クリニシャンとして活躍する。個人を対象とした治療、リハビリを専門とし、あらゆるレベルのアスリートへの指導/治療経...