ステータスメッセージ

アナトミートレインの著者であるトーマス・マイヤースがリードするコロラド州ボールダーでの5日間の筋膜解剖コースの一般申し込み受付がスタートしました!詳しくはこちらへ!

ポッドキャスト Vol 84:松本 秀樹

コンテンツ提供:
1:03:38
Article/Video
Video
一般公開セクション:33:36分
会員ボーナスセクション:30:02分
キネティコスポッドキャストは、一般公開セクションと会員ボーナスセクションの二部構成となっております。キネティコス会員の皆様は、ログイン後アクセスをして両セクションともにお楽しみいただけます。初めてキネティコスをご利用いただく皆様は、まず無料アカウントのご登録をお願いいたします。無料登録により5チケットを提供させていただきますので、このポッドキャストを始め様々なコンテンツにご利用ください。

キネティコスポッドキャスト、今回は立命館大学ラグビー部アスレチックコーチとして現場で活躍をされている松本秀樹さんをゲストにお迎えしました。2014年以来キネティコスの記事翻訳にも関わってくださっている松本さんの継続教育に関する考えや、大学生である選手たちと関わる職場での喜びとチャレンジなど、様々なお話を伺いました。

  • 人との繋がりが新たな繋がりを連れてくる
  • 過去10年間における安全性への配慮の変化
  • 選手たちとのギャップをいかに埋めるか?
  • ATCをフルタイムで最初に雇用した立命館大学のプログラム

会員ボーナス:

  • 現場でのATCの仕事の楽しさとは?
  • 避けられる怪我と避けられない怪我
  • 選手の気づきのレベル
  • 自分で答えを見つけることの重要性
《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinetikos
Kaori Tani
Kinetikos代表取締役

1985年、グループフィットネスインストラクターとして活動を開始以来、アメリカ、日本のヘルス・フィットネスのフィールドにおいて、アクティブに活躍を続ける。

1990年代前半、アメリカスポーツ医学会(ACSM ) 公認エクササイズフィジオロジストとしての認定を受け、グループの指導から個人を対象としたコンディショニングの指導へと指導対象を移行し始める。クライアントの目指すゴールを、...