fbpx 痛みと運動のモデル | Kinetikos

ステータスメッセージ

★2024年春の教育イベント...2月3月はライブイベントがいっぱい!
  • アナトミートレインを開発者から直接学ぼう!
  • パワープレートと3Dの動きを学ぼう!
  • 痛みと運動のモデル

    コンテンツ提供:
    2634
    Article/Video
    Article

    痛みを理解するためのモデルは様々なものがあります:神経マトリックスモデル、生物心理社会モデル、ルイス・ギフォードの成熟有機体モデル、オニオン・スキン・モデル、生物医学モデルなどです。また、運動学習や身体トレーニングには、制約に基づくモデル、動的システム理論、ロシアの様々なスポーツ科学モデル、非線形教育学などがあります。

    《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
    無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

    コンテンツ提供者の紹介

    Better Movement
    Todd Hargrove
    公認ロルファー/公認フェルデンクライスプラクティショナー
    今から20年程前、弁護士という職業に従事していた時に、慢性的な腰痛と闘いながらスカッシュの競技での勝利を目指していた経験をきっかけに、痛みなくより良く動くためには?の探究に没頭するようになる。ストレッチ、コアトレーニング、理学療法、ヨガ、ファンクショナルトレーニング等の全てを試み、理学療法のテキストブックから、東京、西洋、それぞれのアプローチ、痛みの科学に関するリサーチや書籍等、あらゆる書籍から学...