fbpx 痛みは感覚か知覚か? | Kinetikos

ステータスメッセージ

★Dr.キャシー・ドゥーリーを講師に迎えての「MOVEPRO・ブリーミングのサブシステムを理解する」、オンライン配信決定!4/22(月)の正午12:00までの期間限定早割適用期間中です!詳しくはこちらへ

痛みは感覚か知覚か?

コンテンツ提供:
3611
Article/Video
Article

数年前から、痛みは「感覚」なのか「知覚」なのかという議論がソーシャルメディア上で断続的に起こっています。私が考えるそれぞれの側面は以下の通りです:

  1. 痛みは知覚ではなく感覚である、と主張する人はごく少数です。
  2. これに対して、多くの人が、基本的に、これらの用語が関連文献でどのように定義されているかの反対であると答えています。
  3. さらに大きなグループは、この議論を遠くから眺めながら、それが実質的な意味を持つのかどうか、現実的な意味を持つのかどうか疑問に思っています。

この投稿は、主に3番目のグループに向けて書かれたもので、次のように主張しています:

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Better Movement
Todd Hargrove
公認ロルファー/公認フェルデンクライスプラクティショナー
今から20年程前、弁護士という職業に従事していた時に、慢性的な腰痛と闘いながらスカッシュの競技での勝利を目指していた経験をきっかけに、痛みなくより良く動くためには?の探究に没頭するようになる。ストレッチ、コアトレーニング、理学療法、ヨガ、ファンクショナルトレーニング等の全てを試み、理学療法のテキストブックから、東京、西洋、それぞれのアプローチ、痛みの科学に関するリサーチや書籍等、あらゆる書籍から学...