徒手療法における革新

3274
Article/Video
Article

特定のスキルセットや実践における革新を理解する最良の方法は、その実践の基礎において優れた基盤を持つことです。

軟部組織マニピュレーションやドライニードリングのような徒手療法方法論の最近の流行は、しばしば物議を醸し広く誤解されています。

もしあなたが関節や組織のマニピュレーション(関節や組織のモビライゼーションやストレッチング)を実践する徒手療法の知識や技能を持っているなら、もしあなたが組織をテーピングしたり、こすったり、圧迫したり、または牽引することが出来て、あるテクニックが別なテクニックよりも重要であるという時に必要とする評価を理解しているなら、あなたは徒手療法の緻密な術を理解しているでしょう。主観性というより客観性に基づく、しっかりとした信頼できるフィードバックループと組み合わされた、技術上の手先の器用さと正確さです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Functional Movement Systems
FMS
Functional Movement Screen
グレイ・クック MSPT, OCS, CSCS

グレイ・クックはリハビリテーションとトレーニングの双方において強い影響力を有する。彼の経歴は、スポーツ医学、及び運動科学学士号を取得し、アスレチックトレーニング、及び心理学を専攻することからスタートした。マイアミ大学では理学療法を学び、ストレングス&コンディショニングに関する学びを深める。

彼は、トレーニング、運動リハビリテー...