fbpx ハラスカのアダクションドロップテストの考察 パート2/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★2024年春の教育イベント...2月3月はライブイベントがいっぱい!
  • アナトミートレインを開発者から直接学ぼう!
  • パワープレートと3Dの動きを学ぼう!
  • ハラスカのアダクションドロップテストの考察 パート2/2

    コンテンツ提供:
    2030
    Article/Video
    Article

    AFとFAの両方における動きの質を評価するのに役立つHADT

    • 評価のためのポジショニングをとることが簡単だったり難しかったりすることや、また、評価を行っているときに患者をリラックスさせるのが困難だったりすること、患者が何をしようとしているかなどは、患者の状態を知るための貴重なヒントになります。
    • 臨床家は、これによってその人がそのパターンをどのぐらい強くもっているかのフィードバックが得られます。

    患者やクライアントへの指導の道具としてのHADT

    • 同一対象にこのテストを1、2回行った場合、最初に陽性を示した人が、リポジショニングの後に行ったら陰性になったとします。彼らは、バランスの整ったポジションがいかに重要であるかをよりよく理解しています。その違いを感じ認識することができるのです。
      • 在宅プログラムの順守に劇的な改善があります。
      • ペルビックアセンションドトップテストと共に使われるとき、患者は適切なポジションを保てているか自分で把握できることもあります。

    《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
    無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

    コンテンツ提供者の紹介

    Integrative Rehab Training
    Michael Mullin
    Integrative Rehab Training 代表

    マイケルは、トレーニングとリハビリに25年以上にわたる経験を持つ、臨床ベースのアスレチックトレーナーである。NATA認定アスレチックトレーナー、カリフォルニア州理学療法助手、ニューイングランド大学の非常勤講師、およびポスチュラル・リストレーション・インスティチュート(PRI)の認定クリニシャンとして活躍する。個人を対象とした治療、リハビリを専門とし、あらゆるレベルのアスリートへの指導/治療経...