ストレングスとコンディショニングー組み合わせ、結果につながる一つの独立した賢いプログラムにするための3つのルール パート2/2

コンテンツ提供:
3392
Article/Video
Article

続き

ルール2:補足的なトレーニング方法を使う(もしくは方法同士を対立させない)

ストレングスとコンディショニングワークを効果的に組み合わせるために次に非常に重要な要素は、方法同士を互いに競わせるのではなく、互いを補足するように使うことです。

ストレングスプログラムと共に、どのコンディショニング方法を用いるべきか?

ストレングスプログラムとともに用いる的確なコンディショニング方法を選ぶことは、複雑なことではありません。どのように的確なコンディショニング方法を選ぶかを理解すること、それにはまずストレングスがどこから得られるのかを理解することが重要です。

ストレングスとパワーの向上は、たった4つの異なる主な要素から得られる結果です:

  1. 筋肉が筋繊維動員を増やすためのCNS(中枢神経系)の神経駆動の向上
  2. より大きな力生産を可能にするために筋肉をより大きくすること
  3. より高いレベルのホルモンが放出されるための、より強力な交感神経系のアクティベーション
  4. テクニックの向上

これらすべてのことが実現されるために適切な環境を築くことは、量よりも質を強調するということを意味します(そして重い重量で爆発的なリフティングを強調します)。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

BioForce HRV / 8 Weeks Out
Joel Jamieson
BioForce HRV / 8 Weeks Out 代表

コンバットスポーツのストレングス&コンディショニングのオーソリティーとして世界トップクラスの指導者。Ultimate MMA Conditioning の著者であり、数多くの記事の執筆やカンファレンスのスピーカーとしても広く知られている、エネルギーシステムに関しての第一人者。科学的に裏付けされ、実践的に応用できる、個別化されたトレーニングプログラムを指示することで広く知られる。

...