fbpx MRT vs. 従来のトレーニング いつ使うべきか? | Kinetikos

ステータスメッセージ

★身体の再起動ボタンをプレスする方法を楽しく学ぼう!オリジナルストレングスプレスリセット認定コース:東京クラス(7/15)はこちら、大阪クラス(9/22)はこちらへ
★アナトミートレインオンライン筋膜解剖クラス「人工膝関節手術の影響」7月27日に急遽開催決定!手術後の組織や構造の変化を確認するチャンスをお見逃しなく

MRT vs. 従来のトレーニング いつ使うべきか?

コンテンツ提供:
5:06
Article/Video
Video

MRT:メタボリックレジスタンストレーニングとは、15:45秒、または20:40秒などの割合でワークとレストを組み合わせる代謝的にも筋力的にも負荷の大きなサーキットトレーニングのプロトコールです。短時間で様々な側面をカバーできるMRTよりも、従来のレジスタンストレーニング方法の方がより適しているケースとはどのようなものか?コーチ・ドスが解説します。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

coachdos.com
Coach Dos
スピード、ストレングス&コンディショニングコーチ

コーチ・ロバート・ドス・レメディオスは、カリフォルニア大学バークリー校でのアメリカンフットボール選手としてのキャリアを1988年の卒業とともに終了後、アスリートを対象としたストレングス&コンディショニングの指導に携わり続けている。

”コーチ・ドス” は、バイオメカニクスを専門としたキネシオロジーの修士号をカリフォルニア州立大学ノースブリッジ校において履修し、1990年にNSCA...