fbpx 尺骨神経の過可動を理解し管理する | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコスMOVEPROウェビナーシリーズ第5弾!トッド・ハーグローブによる「痛みの科学への実践的洞察:フェルデンクライスの観点から」を8月8日&9日にライブ配信。このウェビナーとロリマー・モーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオと同時購入すれば、ビデオ、ウェビナーともに10%オフ!既にモーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオをご購入済みの方は、こちらのリンクからご連絡ください。ウェビナー参加費割引となるクーポンコードをご提供します。

尺骨神経の過可動を理解し管理する

コンテンツ提供:
3:45
Article/Video
Video

肘の内側で尺骨神経がパキパキと移動するような感覚を経験したことはありませんか?これは、病理学的な変性で治療を必要とするのでしょうか?自身が、この尺骨神経の過可動を持つエリック・クレッシーがこの状況について詳細に解説をします。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cressey Performance
Eric Cressey
Cressey Performance 代表/CSCS

エリック・クレッシーは、マサチューセッツ州ボストンの西に位置する施設、クレッシー・パフォーマンス(CP)の代表取締役/共同設立者である。

健康なアスリートから負傷したアスリートまで、同様に高い評価を得る彼は、ユースからプロやオリンピックのレベルに到るまで、全レベルのアスリートを対象に、あらゆるスポーツにおいて、ハイレベルなパフォーマンス達成のための指導を行っている。

...