fbpx 肩外旋を追いかけるべきなのか? | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコス MOVEPRO ウェビナーシリーズ!第三弾のエリック・クレッシー「肩甲骨のコントロール:健康とハイパフォーマンスへの影響」、そして第四弾のマイク・ライノルド「パフォーマンス最適化のための4つのキーポイント」参加申し込み受付中。これらのライブ配信オンラインセミナー/ウェビナーを同時に申し込むと、参加費は10%オフ!学べば学ぶほど得ができるっていいですよね。

肩外旋を追いかけるべきなのか?

コンテンツ提供:
4:31
Article/Video
Video

投手の投球動作に必要な肩の外旋動作の可動域を増大させようと、ストレッチにストレッチを繰り返して状態を悪くしてしまった経験はありませんか?投手における肩関節外旋可動域と能動的な制御について、エリックの説明を聞いてみてください。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cressey Performance
Eric Cressey
Cressey Performance 代表/CSCS

エリック・クレッシーは、マサチューセッツ州ボストンの西に位置する施設、クレッシー・パフォーマンス(CP)の代表取締役/共同設立者である。

健康なアスリートから負傷したアスリートまで、同様に高い評価を得る彼は、ユースからプロやオリンピックのレベルに到るまで、全レベルのアスリートを対象に、あらゆるスポーツにおいて、ハイレベルなパフォーマンス達成のための指導を行っている。

...