間質:トム・マイヤーズからの声明

コンテンツ提供:
2077
Article/Video
Article

間質:アナトミートレインズの著者であり筋膜の講師であるトム・マイヤーズによる観察

すべての観察という行為は、何か他のことを見えにくくするという犠牲を払って、ある一つのことを明らかにします。身体の内側の観察における新しい技法―この場合共焦点レーザー内視鏡―は、従来型のスライドと染色技法というシステムの崩壊を表しており、つまりそのせいで、決して今まで“見られなかった”ものであったのです。

こちらからサイエンティフィック・アメリカンの“新しい”発見について読の記事をお読みください: https://kinetikos.jp/news/2856

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinesis
Thomas Myers
Kinesis 代表/アナトミートレイン著者

トム・マイヤーズは、アイダ・ロルフ博士、モーシェ・フェルデンクライス、そしてバックミンスター・フラーから直接指導を受け、またジュディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、そして武道の世界からも学びを得る。

彼のアプローチは、欧州オステオパシースクールで学んだ、頭蓋仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。

過去35年間以...