ステータスメッセージ

アナトミートレインの著者であるトーマス・マイヤースがリードするコロラド州ボルダーでの5日間の筋膜解剖コースの一般申し込み受付がスタートしました!詳しくはこちらへ!

間欠的な断食

2336
Article/Video
Article

近年、ソーシャルメディアやニュースにおいて間欠的な断食が話題になっています。示唆されたメリットとして体重の減少や、代謝の向上、エネルギーの増加、脂肪の減少が含まれます。これらのメリットは正確なのでしょうか?間欠的断食の基になる研究は何でしょうか?このトレンドを一緒に調べてみましょう!

断食は人類にとって新しいものではありません!人々は断食を何世紀にもわたって行ってきました。宗教的なものとして、文化的なものとして、または単に飢饉のために断食が行われました。体重を減らすため、または健康になるために行われることもあります。

断食は様々な方法で行うことができ、その定義は誰に質問するかによって異なるようです。

間欠的な断食とは何を食べるということよりもいつ食べるということに焦点を当てた食事の仕方です。つまりは、間欠的な断食とは一定期間に、食べる時間と断食する時間を繰り返すことです。一日あたり12時間から16時間断食し、食べるのは一日の内8時間から12時間の間のみという間欠的断食を行う人達もいるでしょう。また、一週間のうちに1~3日ほど24時間の断食をし、その他の日は通常どおりの食事をするという人達もいるでしょう。断食とは何も飲まず食わずという意味だけでなく、至極少ないカロリーのみ摂取する(例:1日500~600カロリー)とも定義することができます。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Vancouver Dietitians
食事療法カウンセリング

ブリティッシュコロンビアでは、規定もなく、政府の観閲の対象でもなく、栄養に関心のある個人であれば誰でも使用することができる ”ニュートリショニスト/栄養士”という名称に対して、医師、薬剤師、看護師などと同様に、法律で保護され、医療専門家としての規定に沿った教育を受ける” ダイエティシャン/食事療法士” という資格が存在します。ブリティッシュコロンビア食事療法士大学などの規制機関に登録をする必...