fbpx 人生を掌握する | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレイン®筋膜解剖オンラインライブストリーム:6/22&23 08:00~11:00「自らを表現する」クラスのアーカイブビデオは既に視聴可能!6/23(日)正午12:00まで申し込み受付中!9/28&29 08:00~11:00「姿勢とパターン」クラスとのコンボ割も6/23(日)正午12:00まで適用中。各クラスともに配信後240時間アーカイブ視聴放題です!

人生を掌握する

コンテンツ提供:
2662
Article/Video
Article

握力はアルツハイマー病を抑えるのに役立つのでしょうか?

そうかもしれません。

著書「Outlive」の中で、Dr.ピーター・アティアは、握力と認知症発症率の間に関連があることを示す研究結果について説明しています。握力が弱い人ほど、認知症になる可能性が高くなります。握力が強いからといって、必ずしも認知症にならないとは限りませんが、統計的にはそうならない確率の方が高いようです。あるいは、そうなったとしても、人生の後半になるのでしょう。Dr.アティアの本では、運動が神経や認知機能の低下に対する最善の防御策の一つであることも語られています。実は、運動はすべての生命を脅かす病気に対する最高の防御策の一つなのです。

皆さんはどうかわかりませんが、私にとっては、認知症で自分を見失うというのは、この世で最悪なことのひとつです。その人だけでなく、周りの人たちにとっても。現在、アルツハイマー病の患者数は670万人以上と推定されています。この数字は、アルツハイマー病に影響されている人の数には遥かに及びません。精神的な衰えや自分らしさの喪失は、友人や家族に多大な傷を与えるのです。愛する人が目の前でゆっくりと消えていく姿は、誰だって見たくないものです。それは、誰にとっても拷問に近いものです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Original Strength
ムーブメント教育

オリジナルストレングスは、世界中の健康とフィットネスに関わる専門家たちに”リセットボタンを押す”ための運動教育を提供する団体である。私達の身体に本来備わっている動きを指導することで、反射的な強さと安定性をリストアすることを助ける。反射的な強さを得ることができれば、より充実した人生を楽しむためのしっかりとした基礎を手に入れることができる。

全てのストレングストレーニング、運動シス...