機能的運動のスペクトラムシリーズ:エンカレジメント、エンパワーメント&エンゲージメント

コンテンツ提供:
2472
Article/Video
Article

運動に関して、アセスメントに関して、プログレッションに関して、運動指導の専門家としての皆さんが考慮すべき3つの質問があります。これら3つの質問は、患者やクライアントのレンズを通しても、また答えられる必要があります。3つの質問とは:

  • 結果として、成功を望みますか?失敗を望みますか?
  • プロセス全体を通して内在の制御ポイントを望みますか?外在の制御ポイントを望みますか?
  • 日々の生活にキャリーオーバーできる関連性のある運動を望みますか?ほとんどキャリーオーバーのない意味のない運動を望みますか?

もし、あなたが私達のように考えているなら、これらの質問への答えは明白(全ての質問において最初の選択肢がそのあとの選択肢よりも望ましい)であるように見えるでしょう。ただ、もう一つ問いかけなければならない/取り組まなければならない質問があるのです:

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...