fbpx 機能のために重要なエビデンス:足首靭帯結合の機能、怪我そしてリハビリ | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコス MOVEPRO ウェビナーシリーズ!第三弾のエリック・クレッシー「肩甲骨のコントロール:健康とハイパフォーマンスへの影響」、そして第四弾のマイク・ライノルド「パフォーマンス最適化のための4つのキーポイント」参加申し込み受付中。これらのライブ配信オンラインセミナー/ウェビナーを同時に申し込むと、参加費は10%オフ!学べば学ぶほど得ができるっていいですよね。

機能のために重要なエビデンス:足首靭帯結合の機能、怪我そしてリハビリ

コンテンツ提供:
2068
Article/Video
Article

Clanton TO, Williams BT, Backus JD, et al. Biomechanical Analysis of the Individual Ligament Contributions to Syndesmotic Stability. Foot & Ankle International, 2016, 38: 66-75.
「靭帯結合の安定性に貢献する各靭帯の生体力学的分析」

この研究の目的は、足関節遠位部の脛骨と腓骨の靭帯結合の安定性への各靭帯の特定の貢献を解説することにありました。この研究は8体のご遺体の下肢の検体を使用したものであるため、読者は、筋肉が存在している状態での機能に対してこの研究の結果をそのまま移行することに対しては注意を払う必要があります。この注意を念頭に置いた上で、研究のデータは、いわゆる「ハイアンクルスプレイン/高位置での足関節挫傷」において、これらの構造の障害のメカニクスについての洞察を提供してくれます。「高い位置」が意味するのは足首よりも少し上の脛骨と腓骨間の関節です。この関節の統合性は、足関節(距腿)の安定性にとって重要です。靭帯結合の靭帯への怪我に対しては、より頻繁に見られる足関節外側の靭帯の怪我に対してとは異なるアプローチが要求されます。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...