fbpx 野球の障害:投手は本当に「甘やかされて」いるのか? | Kinetikos

ステータスメッセージ

★5月29日(日)はDVRTレベル1認定スペシャルハイブリッドイベント開催決定!スペシャルがいっぱいのコース詳細はこちらをご覧ください
★6月のMOVEPROウェビナーは、Dr.キャシー・ドゥーリーのアナトミーエンジェルコース「前庭系を理解する」の配信決定!過去のアナトミーエンジェルシリーズの収録ビデオを一緒に購入すれば収録ビデオが各¥3,000割引になるキャンペーン実施中。お見逃しなく!

野球の障害:投手は本当に「甘やかされて」いるのか?

コンテンツ提供:
2773
Article/Video
Article

今日は、野球の世界で最近よく話題に上っている議論を取り上げようと思います:

「投手は、私たちが甘やかしているから、怪我をしている。」

通常、このフレーズは、単に過去20〜30年間で野球というゲームがどれほど大幅に変化したかを理解していない「時代遅れ」のコーチが言うものです。 1980年代および1990年代まで遡ると、次のような違いがわかるでしょう:

1.子供たちは、若い時に一年中野球をやって、ひどく酷使されることをしていないため、大学やプロに達する時点で損傷している箇所はそれほど多くありません。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cressey Performance
Eric Cressey
Cressey Performance 代表/CSCS

エリック・クレッシーは、マサチューセッツ州ボストンの西に位置する施設、クレッシー・パフォーマンス(CP)の代表取締役/共同設立者である。

健康なアスリートから負傷したアスリートまで、同様に高い評価を得る彼は、ユースからプロやオリンピックのレベルに到るまで、全レベルのアスリートを対象に、あらゆるスポーツにおいて、ハイレベルなパフォーマンス達成のための指導を行っている。

...