fbpx 関節や組織のこわばりはいつ問題になるのか? | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレイン®筋膜解剖オンラインライブストリーム:6/22&23 08:00~11:00「自らを表現する」クラスのアーカイブビデオは既に視聴可能!6/23(日)正午12:00まで申し込み受付中!9/28&29 08:00~11:00「姿勢とパターン」クラスとのコンボ割も6/23(日)正午12:00まで適用中。各クラスともに配信後240時間アーカイブ視聴放題です!

関節や組織のこわばりはいつ問題になるのか?

コンテンツ提供:
2594
Article/Video
Article

関節の硬さ、組織の硬さ、関節の可動性が問題になりそうないくつかのエリアを早速取り扱ってみましょう。この内容が、網羅的なものであるとは考えないでください。

1. あなたにとって重要なときに

簡単でしょう? もし、硬さが気になり、それが痛みの原因になっていると思われるのであれば、それは話し合う必要のあることです。 それが本当にあなたの痛みや機能に貢献しているのか、それともあなたのこわばりの感覚は、痛みを引き起こしている他の何かの「犠牲者」に過ぎないのかを見極める必要があるのです。 ここで考えるのは、私たちは時に、実際には問題ではない「何か(窮屈さの知覚)」を「直そう」とすることがあるということです。 そして、変える必要のないもの、変えられないものに注目を向けることは、問題を悪化させるかもしれません。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Greg Lehman
理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

生物心理社会学モデルにおける筋骨格系機能不全を治療することを専門とした、理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

生体力学と痛みの科学そしてランニングレジリアンシーを調和させた2日間の継続教育コースを世界各地40箇所で提供している。

サイプラスで開催されたヨーロッパカイロプラクティックユニオンや、カナダで開催されたマッサージセ...