fbpx グレッグ・リーマン | Kinetikos

グレッグ・リーマンGreg Lehman

ステータスメッセージ

★2023年4月3日 (月) から4月7日 (金) の5日間、なんと4年ぶりとなるアメリカ、コロラド州ボルダーでのアナトミートレイン筋膜解剖実習クラス開催決定!詳細はこちらへ。
理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
生体力学と痛みの科学を融合する理学療法士&カイロプラクター

生物心理社会学モデルにおける筋骨格系機能不全を治療することを専門とした、理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

生体力学と痛みの科学そしてランニングレジリアンシーを調和させた2日間の継続教育コースを世界各地40箇所で提供している。

サイプラスで開催されたヨーロッパカイロプラクティックユニオンや、カナダで開催されたマッサージセラピー協会での基調講演など、様々な国際的カンファレンスでの講演招待も数多い。

臨床でのキャリアをスタートする前に、自然科学とエンジニアリングリサーチカウンシルの奨学金を受けるともに、スチュアート・マックギル博士の作業生体力学ラボラトリーにおいて、担当学生2名のうちの1名として就学し、徒手療法とエクササイズ生体力学の領域における論文を20以上発表する幸運に恵まれる。

カナダメモリアルカイロプラクティックカレッジにおいて助教授として、脊椎生体力学と器具使用に関する大学院レベルの学生の指導を行うとともに、50人以上の学生の指導及び20以上のリサーチの実行を行う。生体力学と痛みの科学、ランニング障害、ゴルフ生体力学、腰部損傷、及び神経科学に関する数々の講演を提供。

しっかりとした生体力学のバックグラウンドを持ちつつ、神経科学の領域を学んだことにより、20年近く前から疼痛と障害管理における心理社会学的リスク因子の重要さを認識し始める。障害管理や障害予防は、多数要因を持ち複雑である筋骨格系の機能不全を、シンプルなテクニックにより成功させることができることを信じている。

この提供者によるコンテンツ

3171
グレッグ・リーマン
2022/11/16 配信
筋や関節の硬さや制限を気にしないための力学的な議論(つづき) 理...
3154
グレッグ・リーマン
2022/11/15 配信
従来の理学療法は、その人の機能的“欠陥”を探し出し、その欠陥が痛み...
4993
グレッグ・リーマン
2022/09/20 配信
硬さを心配しなくていい理由 筋肉及び関節の硬さは、2つのこととし...
5:28
グレッグ・リーマン
2022/08/26 配信
痛みが起こるかもしれないけれど、自分自身にとって意義深いことを再開...