ステータスメッセージ

アナトミートレインの著者であるトーマス・マイヤースがリードするコロラド州ボルダーでの5日間の筋膜解剖コースの一般申し込み受付がスタートしました!詳しくはこちらへ!

組織変化と痛み:これらの関連性の説明

コンテンツ提供:
2846
Article/Video
Article

構造は運命ではない・・・しかし、それでも、重要なのかもしれません。ご存知の通り、MRIで脊椎の退行変性が確認されても、まったく痛みがないことがあります。これらの変化は痛みの条件としては十分ではありませんが、完全に無関係とも言えないのです。


MRI Findings of Disc Degeneration are More Prevalent in Adults with Low Back Pain than in Asymptomatic Controls: A Systematic Review and Meta-Analysis.(椎間板退行変性のMRI所見は、無症状対照群よりも腰痛を患っている成人により頻繁にみられる:系統的レビューとメタ分析)
AJNR Am J Neuroradiol. 2015 Dec;36(12):2394-9. doi: 10.3174/ajnr.A4498. Epub 2015 Sep 10.

これが真実でなければいいのにと思います。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Greg Lehman
理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

生物心理社会学モデルにおける筋骨格系機能不全を治療することを専門とした、理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

生体力学と痛みの科学そしてランニングレジリアンシーを調和させた2日間の継続教育コースを世界各地40箇所で提供している。

サイプラスで開催されたヨーロッパカイロプラクティックユニオンや、カナダで開催されたマッサージセ...