ステータスメッセージ

アスレチックスピードフォーミュラのビデオを、10月22日12時までの期間限定特別価格として、なんと通常価格 ¥19,800 を半額以下の ¥9,800 でご提供します。このチャンスをお見逃しなく!詳しくはこちらへ!

相対的な動きと実際の動き 歩様における後ろ側の股関節:矢状面

コンテンツ提供:
1726
Article/Video
Article

歩様のサイクルが先に進むと、前側の脚は後ろ側の脚になります。前側の脚が実際の骨の動きと相対的な関節の動きを通るとき、後ろ側の脚に何が起こるのかを考慮することもプラスになるのではないでしょうか。以前の記事では、右脚を前側の脚として用いているので、この記事では左脚を後ろ側の脚として注目してみましょう。右足が地面にぶつかる時、後ろ側の股関節/左の股関節で起こる3つの相対的な関節の動きは、伸展、外転、そして(驚くことに)内旋です。後ろ側の脚からの推進も、前側の脚のローディングも、後ろ側の股関節の機能不全の影響を受けるため、どの実際の骨の動きが、これら3つの相対的な関節の動きを生み出しているのかを理解することは重要です。

後ろ側の股関節(この例においては左股関節)の矢状面における伸展は、大腿骨の伸展と骨盤の前方への回旋という実際の骨の回旋によって生み出されます。骨盤の回旋はわずかな動きではありますが、前側の股関節の関する記事でも述べたように、重要な動きです。仙腸関節の動きのために腸骨にわずかな左右差があるかもしれませんが、前側の股関節で起こる実際の骨のうごきである骨盤の前方への回旋と同じ動きが、後ろ側の股関節においても起こります。骨盤の前方への回旋によって股関節には相対的な屈曲が起こることになります。大腿骨の伸展という実際の骨の動きが何によって生み出されるのか、そしてそれがどのように相対的な股関節伸展へと繋がるのかの適用はとても重要なものです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、 業界内の最先端を...