fbpx 野球用ウエイトボールが投球速度、そして受傷率を上げる本当の理由 パート2/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★5月29日(日)はDVRTレベル1認定スペシャルハイブリッドイベント開催決定!スペシャルがいっぱいのコース詳細はこちらをご覧ください
★6月のMOVEPROウェビナーは、Dr.キャシー・ドゥーリーのアナトミーエンジェルコース「前庭系を理解する」の配信決定!過去のアナトミーエンジェルシリーズの収録ビデオを一緒に購入すれば収録ビデオが各¥3,000割引になるキャンペーン実施中。お見逃しなく!

野球用ウエイトボールが投球速度、そして受傷率を上げる本当の理由 パート2/2

コンテンツ提供:
4246
Article/Video
Article

私の過去の研究と同様、多くの人々はわたしたちの発見を読み、その結果に不満を持ちました。恐らくその結果は、彼らの先入観や過去の信条を批判しているのかもしれませんね?あるいは、彼らはただ科学を知りたくないだけかもしれません。

とても多くの人々がわたしたちの方法を批判しようとしてきました。

覚えておいてください、わたしたちには何の偏見もありません。わたしたちは、これらのウエイトボールを用いたプログラムを研究しようとしている科学的な人間です。わたしたちがそれらを利用して利益を挙げることはありません(あなたがけがをするまでは!)。わたしたちはただ科学を知りたいだけで、データが示すことに関して本当に何の嗜好みもありません。私はあなたと同じくらい結果に驚いているのです。

わたしたちの研究についてよく耳にすることを取り上げたいと思います:

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Champion Physical Therapy and Performance
Mike Reinold
Champion Physical Therapy & Performance 代表/理学療法士/CSCS

マイケル・ライノルド、PT, DPT, SCS, ATC, CSCS はスポーツ医学、リハビリテーション、パフォーマンス向上の業界でのリーダーとみなされている。理学療法士、アスレチックトレーナー、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしてマイクは、スポーツ生体力学、動きの質、筋肉のアンバランスにおけるバックグラウンドを利用し、人間のパフォーマンスの全てを専門としている。彼は、野...