fbpx オーバープロネーション(過回内) | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレインオンライン筋膜解剖クラス「人工膝関節手術の影響」7月27日に急遽開催決定!手術後の組織や構造の変化を確認するチャンスをお見逃しなく
★身体の再起動ボタンをプレスする方法を楽しく学ぼう!オリジナルストレングスプレスリセット認定コース:大阪クラス(9/22)はこちらへ

オーバープロネーション(過回内)

コンテンツ提供:
2116
Article/Video
Article

オーバープロネーション(過回内)は、フィットネス界において最も頻繁に耳にする用語の一つです。これは、トレーナーとクライアントの両方から聞かれます。大量のプロネーション・コントロール・シューズが、プロネーション(回内)という単語を解剖学、生理学、生体力学の世界から日常の用語へ引き抜いたのです。

その用語は幅広く使われていますが、幅広く理解されているわけではありません。過回内は様々な理由で、様々に起こりえますが、総称として一般的に使用されていて、それ以上には注目されていません。

まずは、回内を定義してみましょう。回内は、後足部の背屈、外反、外転による三平面動作です。これらの関節動作は、閉鎖性運動連鎖(クローズド・チェーン)の状況下における主動骨である、距骨の骨動作と関連しています。この後足部の動作はまた、相対的な前足部の背屈、内反、外転を作り出します。前足部は、後足部の回内にかなりの影響を与えます。詳しくは、このブログ内で後ほどお話します。

では、過回内を引き起こす様々な方法をみてみましょう。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cor-Kinetic
Ben Cormack
Cor-Kinetic ディレクター/教育者

ベン・コーマックは、コーキネティック(Cor-Kinetic)の創設者である。彼は世界的に有名な教育者であり、研究者であり、国際的なプレゼンター/スピーカーでもある。また彼は2002年以来一流のスポーツやリハビリテーションの分野に関わってきた実績を持つ。

彼は、数多くのトレーナー、理学療法士、オステオパス、スポーツセラピスト、足専門医、強化&コンディショニング(S...