fbpx 外科手術後の患者の肩可動域向上を助ける方法 | Kinetikos

ステータスメッセージ

October(10月)はOS三昧!オリジナルストレングスの創始者ティムのウェビナーと、オリジナルストレングスのプレスリセット公式ワークショップ(認定コース)の両方を同時に購入すると10%オフが適用となります。

外科手術後の患者の肩可動域向上を助ける方法

コンテンツ提供:
2954
Article/Video
Article

肩は、身体の中でも最も複雑な部分の一つであり、特に怪我の真の要因を理解していない場合には正しくリハビリを行うのが難しいことにもなり得ます。従来、理学療法士の方々は、肩を身体に他の部分から孤立させてリハビリを行なってきました。残念なことに、このアプローチは、患者の持つ機能不全や、怪我の要因に関わる問題を解決することにはつながりません。

この記事では、手術後の肩のリハビリを行う際に理解しておく必要があることについて、そしてより大きな可動域を得るために考慮すべき要素についてのリビューをします。

身体の他の部分は肩に影響を与える(そして逆もまた然り)

従来のリハビリテーションでは、例えば肩のように、近隣のエリアに密接な関係を持ち、また影響を与えられるような部分である場合にさえ、通常怪我をした身体部位を身体の他の部分から孤立させて取り扱います。グレイインスティチュートでは、人間の動きは身体全体を通してチェーンリアクションを引き起こすということを理解しています。患者の痛みと可動域の制限を真に解決するためには、機能不全に関わる全ての要因を確認する必要があります。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...