ステータスメッセージ

キネティコスからパワフルで活気的なエクササイズ&プログラム管理のソリューション登場!チーム、パーソナルトレーニング、ジム、クリニックなど、様々な環境でのエクササイズ処方とプログラム管理を効率的にシステム化します!500種類近いエクササイズを含むキネティコスライブラリもあなたのものに!詳しくはこちらへ 2月16日プログラミングの実践的活用セミナー!詳しくはこちらへ

機能的運動のスペクトラムシリーズ:関節

コンテンツ提供:
2543
Article/Video
Article

鏡の定義は、“反射によってイメージを形成する、磨かれた、または滑らかな表面(ガラスのように)”です。加えて、鏡は“真の表現を提供する何か”であるとも定義されています。(ともにMerriam-Webster による定義)

運動に関わる業界において、私達のテクニック、エクササイズ、運動は鏡であるべきです。何に対しての鏡なのか?最終的なタスクに対しての、最終的な機能に対しての鏡であること。

数多くの関節によって構成される身体は、一つのユニットとして動きます。それぞれの関節が、他の関節に影響し、また他の関節によって影響されます。そう、身体は、チェーンリアクション®である、ということができるでしょう。

そして、ここにまた問いかけがあります:私達のトレーニングや治療の戦略は、上記の事実を考慮しているのでしょうか?

今回の記事では、機能的運動のスペクトラムを深く探っていきます。特に生物学的科学の原理原則と真実を含む関節に注目をします。この機能的運動のスペクトラムシリーズの“イントロ”において、関節についての表記を下記のように確認しました:統合された(機能的)vs. 独立した(非機能的)。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、 業界内の最先端を...