fbpx アナトミートレイン、事実それともフィクション? | Kinetikos

ステータスメッセージ

★7月のMOVEPROは、トッド・ハーグローブの「ヒトという動物のための健康な動き:4つのプライマルムーブメントに関する進化的&発達的観点」アーカイブビデオ付き!
★2022年もあっという間に中盤。今年皆さんは自分にとって「不可能」だと思っていたことにチャレンジして「可能」を獲得するプロセスを何か経験しているでしょうか

アナトミートレイン、事実それともフィクション?

コンテンツ提供:
2748
Article/Video
Article

アナトミートレインのラインは「想像上」のものなのでしょうか?

「組織の連続性を切り抜いて、それを引っぱれば、どこにでもラインを作り出すことができます。」

これは、解剖ラボに入ったことのない人が、筋筋膜の連続性に対してよく言う批判です(ほとんどの経験豊富な解剖学者はこの罠を避けます)。

これは真実ですが、わかりきったことです - 筋膜のウェブは至るところにあり、提供しようとするあらゆるプルのラインと配列を揃え、そして抵抗する反応をすることが全ての方向において可能です。これは、哺乳類特有の特性的なウェブであり、私たちの身体が直面する力はランダムに配列されているということを考えると、良い進化の戦略であると言えます。

しかし、だからといって、筋膜を切断したラインがすべての解剖のラインに等しいというわけではありません。

アナトミートレインのラインは、ランダムに切断されているのではなく、身体のデザインに従っています。私たちの解剖は、壁側筋筋膜繊維の「木目」に明確に、かつ確実に従っており、それはウォルフ(およびデイヴィス)の法則によれば、私たちの動きによって形作られています。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinesis
Thomas Myers
Kinesis 代表/アナトミートレイン著者

トム・マイヤーズは、アイダ・ロルフ博士、モーシェ・フェルデンクライス、そしてバックミンスター・フラーから直接指導を受け、またジュディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、そして武道の世界からも学びを得る。

彼のアプローチは、欧州オステオパシースクールで学んだ、頭蓋仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。

過去35年間以...