fbpx 肩の不安定性に対するリハビリの6つの秘訣 パート2/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★9月のMOVEPROウェビナーは、イギリスからベン・コーマックが戻ってきます!今回のテーマは「股関節OAの管理と人工股関節置換手術への対応」お申し込み先着30名の方にはクーポンコード入力で参加費¥3,000オフ適用あり!詳細はこちらを。

肩の不安定性に対するリハビリの6つの秘訣 パート2/2

コンテンツ提供:
3313
Article/Video
Article

要素#3:付随する病状

三つめの要素には、影響を受けているその他の組織や、受傷前の組織の状態を考慮することが含まれます。

前述した通り、関節窩からの関節包唇複合体の分離は、一般的に外傷性障害によって起こり、前面のバンカート損傷につながります。しかし、ほかの組織にも影響することもあります。

多くの場合で、肩を復元する時に、関節窩の前面の縁に対して圧迫される際に上腕骨頭の後部側面が埋伏することにより、付随的なヒルサックス損傷などの骨の損傷も所見されるかもしれません。


Wikimediaからの画像

これは脱臼の80%において報告されています。これに対して、後方への脱臼によって、上腕骨頭の前面における逆ヒルサックス損傷が所見されることもあります。同様に、関節窩も骨の損傷を受けることがあります。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Champion Physical Therapy and Performance
Mike Reinold
Champion Physical Therapy & Performance 代表/理学療法士/CSCS

マイケル・ライノルド、PT, DPT, SCS, ATC, CSCS はスポーツ医学、リハビリテーション、パフォーマンス向上の業界でのリーダーとみなされている。理学療法士、アスレチックトレーナー、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストとしてマイクは、スポーツ生体力学、動きの質、筋肉のアンバランスにおけるバックグラウンドを利用し、人間のパフォーマンスの全てを専門としている。彼は、野...