fbpx 腰部の問題の理解と解決のためのより良いソリューション | Kinetikos

ステータスメッセージ

★9月のMOVEPROウェビナーは、イギリスからベン・コーマックが戻ってきます!今回のテーマは「股関節OAの管理と人工股関節置換手術への対応」お申し込み先着30名の方にはクーポンコード入力で参加費¥3,000オフ適用あり!詳細はこちらを。

腰部の問題の理解と解決のためのより良いソリューション
腰部の問題の理解と解決のためのより良いソリューション

コンテンツ提供:
ジョシュ・ヘンキン
ジェシカ・ベント
6時間
価格
¥19,800 (税込 ¥21,780)
会員の方は特別価格にて購入可能!
ライト5%引き・スタンダード10%引き・プレミアム15%引き
割引後の価格についてはカート内でご確認いただけます。

腰部の問題の理解と解決のためのより良いソリューション

  • オンラインアクセスのみ - DVDなし:¥19,800 (税込 ¥21,780)

※オンラインアクセスのみの商品に関しては、DVDの送付はございません。一旦ご購入をいただいた商品は、お客様のご都合による返金手続きはお受けいたしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認をいただけますようお願い申し上げます。

※ご購入いただいたスペシャルセミナーのコンテンツは、ログイン後マイページよりいつでも何度でもアクセスをしていただくことができます。

腰痛に対してのソリューションを語るにあたって、自らが複数の脊椎外科手術を経験し、そして機能回復を実現し続けているジョシュ・ヘンキンとジョシュのリハビリを最も近いところでサポートし続けている理学療法士のジェシカ・ベント以上に説得力のある人たちはいないのではないでしょうか?

腰痛や腰部の不快感は、フィットネスやパフォーマンスのためのトレーニングにおいても最も一般的に見られる問題や障害です。嫌というほど耳にする腰痛に関する問題の最大のチャレンジの一つは、その複雑さと影響因子の膨大さです。

このウェビナーでは、腰痛の問題に関するより良い理解を助けるべく、最新の科学的エビデンスをわかりやすく分解し、実践的なソリューションを生み出す方法を探ります。腰痛を持つ個人の指導や治療にかかわる際にありがちな間違いを避ける方法、そして身体機能とパフォーマンスを向上させるためのプログラムの開発方法についてもカバーします。

基礎からパフォーマンス向上、より高レベルのストレングストレーニングプログラムまでのトレーニングプログラム構築をカバーするウェビナー後半では、より良いコアのトレーニングと腰部のレジリアンシーの原理原則をより高レベルのパフォーマンスとトレーニングに応用する方法について探究します。

腰部のケアのエクササイズに留まることなく、より高レベルのフィットネスの構築を目指すトレーニングまでの橋渡しとなるエクササイズやプログラムの実践的な構築方法についても学ぶことができる貴重な機会をお見逃しなく!

この6時間のウェビナー収録ビデオでカバーされるトピックは下記を含みます:

基礎編

  • 腰痛の複雑さを理解する
  • 筋力や柔軟性がなぜ腰痛のソリューションとして効果的でないかの理由を学ぶ
  • 腰痛に関して注目すべき最も重要な側面は何かを発見する
  • クライアントの腰痛に即座に影響を与える実践的なソリューションを学ぶ

パフォーマンス編

  • 基礎的概念が腰部のレジリアンシーを構築するダイナミックなストレングストレーニングの選択をいかに助けるかを学ぶ
  • 何が腰部にとって”良い”vs “悪い”エクササイズなのかを理解する方法を発見する
  • 腰部を助け身体全体のチェーンを強化するコンセプトの指導法を理解する
  • 人々がいかに動き、パフォーマンスし、感じるかに大きな影響を与えるエクササイズのプログラム方法、漸進方法を学ぶ

このウェビナー収録ビデオには下記が含まれています:

  • セミナーの収録ビデオ(約6時間 日本語通訳:谷佳織)
  • レクチャーのハンドアウトPDF(229枚)
  • ハンドアウト収録資料・エクササイズビデオ(163本)
  • ボーナスセクション収録ビデオ(40分)
  • 豊富なQ&A

コンテンツ提供者の紹介

DVRT
Josh Henkin
DVRTシステム 代表/CSCS

ジョシュ・ヘンキンは、フィットネス・スポーツパフォーマンス業界で20年の経験を持つ公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。

彼は10代半ばで足首の負傷に悩まされて以来、フィットネス・パフォーマンストレーニングに関心を持ち始めた。医師には二度と正常な歩行はできなくなるだろうと診断されたものの、ストレングストレーニングに出会い、負傷から回復しただけでなく、彼の初...

DVRT
Jessica Bento
DVRT 教育&運営責任者/理学療法士

理学療法士であるジェシカ・ベントは、ゴルフ、テニス、陸上競技など幅広いスポーツに関わってきたが、特にスイミングにおいて優れていた。10歳から高校まで水泳選手として活躍した彼女は、1996年アトランタオリンピックチームへの選抜を目指していたが、肩の怪我によって、その夢は叶わぬものとなる。ローテーターカフ損傷のための理学療法を経験したのち、人々の機能回復を助けることができる理学療法に魅かれるよう...