再び子供たちをコーチングしたことから学んだこと

3917
Article/Video
Article

以前指導していたアスリートの1人が、ちょうど高校のプログラムを引き継いだことで、数年前に書いたこの記事の事を思い出させてくましたが、これは未だに重要なことです。

過去数ヶ月、私は再び子供たちにコーチングをしています。15年前のMBSC時代初期の頃以来、しばらくの間行っていなかったことです。悲しい真実ですが、高いレベルのアスリートと仕事をすればするほど、甘やかされてしまいます。プロアスリートやオリンピックアスリートを主にトレーニングしていたことで、甘やかされていました。私が常に言っていることですが、素晴らしいアスリートをコーチングすることで、自分自身のコーチングスキルに対し間違った認識をしてしまうことがあります。高いトレーニング適齢期のアスリートや運動能力に長けたアスリートと対応していると、必然的にそれが当たり前だと思ってしまうことがあります。よりレベルの高いアスリートに関わっていると、実際よりも数段自分が良いコーチであると勘違いしてしまうこともあるのです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

MBSC
MBSC
ストレングス&コンディショニング

マイク・ボイル ストレングス&コンディショニング(MBSC) は、アメリカ合衆国において、最も包括的なパフォーマンス向上トレーニング、リコンディショニング及びパーソナルトレーニングを提供する施設のひとつである。MBSCの結果を重視したアプローチは、スポーツパフォーマンス、減量、健康的なライフスタイル等、様々なゴールを達成するために必要な全ての側面をカバーする。MBSCでのトレーニングは、あ...