究極のコンディショニングテンプレート パート2/2

コンテンツ提供:
2980
Article/Video
Article

私のお気に入りのコンディショニングテンプレート:ピースをつなぎ合わせる方法

多くの人々がトレーニングプログラムについて話すとき、彼らが最初に話すことの一つは、彼らのお気に入りのトレーニングスプリットです。これは実は、プログラムが一般的に特定の筋群に焦点をあてて曜日ごとに分けられているボディビルディングの世界からきているものです。

ストレングスの世界では、トレーニング週はしばしば特定のリフトを用いるスプリットを中心に、あるいは特定の方法を中心に立てられます。ウエストサイドテンプレートと5/3/1プログラムはこのよい例でしょう。

でも、コンディショニングはどうでしょうか?

コンディショニングプログラムを、シンプルだけれども科学的につじつまがあう方法で、どのように曜日ごとに分けますか?

多くの人々は筋群、動作(エクササイズ)、あるいは方法について考えますが、これはコンディショニングに関してはあまり機能しません。

正直、私はそのプログラム作成のためのアプローチが、一般的に効果的だとは思いません。なぜなら、それはフィットネスの変化を本当に左右するものを欠いているからです。身体は実際、身体のパーツ、あるいは動作というような観点で考えてはいないのです。

身体はストレスに反応して考え、行動します。

何がストレスをもたらしているのでしょうか?2つのこと:量と強度。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

BioForce HRV / 8 Weeks Out
Joel Jamieson
BioForce HRV / 8 Weeks Out 代表

コンバットスポーツのストレングス&コンディショニングのオーソリティーとして世界トップクラスの指導者。Ultimate MMA Conditioning の著者であり、数多くの記事の執筆やカンファレンスのスピーカーとしても広く知られている、エネルギーシステムに関しての第一人者。科学的に裏付けされ、実践的に応用できる、個別化されたトレーニングプログラムを指示することで広く知られる。

...