ステータスメッセージ

  • いつもキネティコスをご利用頂き、誠に有難うございます。配送会社の夏季休業に伴い、キネティコスストアの配送を2018年8月11日(土)〜 2018年8月15日(水)までの5日間お休みとさせていただきます。期間中はご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
  • アナトミートレインの著者であるトーマス・マイヤースがリードするコロラド州ボルダーでの5日間の筋膜解剖コースの一般申し込み受付がスタートしました!詳しくはこちらへ!

成長-ビッグプッシュのためのトレーニングルール パート2/3

コンテンツ提供:
2917
Article/Video
Article

パフォーマンスは練習を凌ぐべきである

アスリートについて考えるとき、物事を極力シンプルにしておくことが好きです。彼らは愚か者ではありません。まったく違います。しかし、確実に明確であることが必要です。これは、私が複雑なピーキングプログラムを使用することが好きでない理由の一つです:アスリートにささいなことで方向性を失い、大きな目標、大事なポイントを忘れて欲しくないのです。

パフォーマンスは練習よりも優れているべきです。

練習とパフォーマンスの関係性を見たとき、一般的に3つの見方があります。

A. パフォーマンスは練習よりも良い。

B. パフォーマンスが練習と同じである。

C. パフォーマンスが練習よりも悪い。

AやBはいいのですが、Cは問題になります。

練習とパフォーマンスの理想的なモデルは、陸上競技でよく見かけるものです。

シーズン初頭は、練習時の記録は前年の数値よりも低いでしょう。あれで良かったのかと後悔することがかなり多くなり、プログラム全体について疑問視し始める人もいます。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

danjohn.net
Dan John
ストレングスコーチ

ストレングスコーチとして30年以上の経験を持つ。前ユタ州 Juan Diego カソリック高校の強化コーチ及び陸上競技コーチ。ミズーリ州のコロンビア大学の宗教学研究の指導者。

歴史、宗教学の修士号を持ち、1985年フルブライト奨学金を受ける。

宗教学の指導者、研究者としてのキャリアと平行して、数多くのトレーニングに関する数多くの書籍、及び記事,、DVDの執筆を行っ...