fbpx トムへの質問:歩行周期と腰椎の関与 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★2021年最後のアナトミートレイン筋膜解剖クラスのテーマは「呼吸の解剖学」生命維持に最重要な呼吸の構造をダイナミクスを学ぶ素晴らしいチャンスをお見逃しなく!

トムへの質問:歩行周期と腰椎の関与

コンテンツ提供:
1444
Article/Video
Article

質問:

(歩行時の)歩行周期の中で、腰椎の領域には左右の動きがあるべきでしょうか?それとも、腰椎はより安定した状態のままであるべきなのでしょうか?

あるいは、動きはより仙腸関節で起こるべきなのでしょうか?

なぜ聞くのかというと、あまり専門家がそのことについて話すのを聞いたことがないのですが、それは動きの中で重要な役割を果たしうることだからです。クライアントと働いているとき、彼らに普段通りに歩いてみてどう感じるかを教えてと言うと、10人中10人が、腰部が不安定だと感じ、わずかな左右の動きを感じていると答えます。彼らに骨盤の“ボウル”の中にある水を保つように考えてと伝えると、彼らはより安定しているように感じると言います。

これについて助けていただけると幸いです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinesis
Thomas Myers
Kinesis 代表/アナトミートレイン著者

トム・マイヤーズは、アイダ・ロルフ博士、モーシェ・フェルデンクライス、そしてバックミンスター・フラーから直接指導を受け、またジュディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、そして武道の世界からも学びを得る。

彼のアプローチは、欧州オステオパシースクールで学んだ、頭蓋仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。

過去35年間以...