fbpx 回内をあなたのお気に入りの居留地に | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレイン®著者トム・マイヤーズ4年ぶりの来日指導は、1/30-2/5の7日間。詳細はこちらへ
★アナトミートレイン®筋膜解剖ライブストリーム「歩行の解剖学とダイナミクス」複雑な歩行のメカニクスと解剖学を素晴らしい解剖の映像とともに学ぶチャンスは2/28-3/2に巡ってきます!詳細はこちらへ

回内をあなたのお気に入りの居留地に

コンテンツ提供:
4492
Article/Video
Article

私はニューヨーク足病医科大学の元職員として、足病医学生が解剖学―そして歩行周期を学んでいることを知っています。

彼らは、歩行の4つの局面のうち3つにおいて、踵骨(かかと)が前額面上で内側に動くことを知っています。

これはよく後足部の回外とみなされるポジションで、距骨を外旋させ、体重をより足部の外側にかけています。

ただどのような動きでも、十分にパワフルであるためには、まず反対方向に伸張されなくてはなりません。

それが生物物理学の長さー張力曲線の原理です。

輪ゴムを部屋の向こうに飛ばしたい?まず輪ゴムを後ろに引っ張りますよね。

回外に移行するためには、(前脚が接地し体重の大部分を支えているサスペンション期(荷重応答期)に見られるように)まず足部の回内にむかって負荷をかけなければなりません。

多くの足病医やランニング専門店が、回内の何に対して反感を抱いているのかはよくわかりません。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Immaculate Dissection
Kathy Dooley
カイロプラクティックドクター、解剖学講師、Immaculate Dissection共同経営者

Dr. キャシー・ドゥリーは、カイロプラクティックドクターであり、彼女が共同経営するニューヨークマンハッタンにある、カタリストスポーツにて臨床治療家として活躍するかたわら、ニューヨークにあるアルバート・アインシュタイン医科大学及びウェイル・コーネル医科大学の2校において解剖学の講師としても活躍中。

ニューヨーク大学歯学部の非常勤教授であると共に、西インド諸島グレナダにあるセント...