fbpx 要因と影響:動きのエリア 1, 2 & 3 | Kinetikos

要因と影響:動きのエリア 1, 2 & 3

コンテンツ提供:
8:19
Article/Video
Video

身体の動きの範囲を1,2,3 というエリアに分けて考えるアイデアをトム・マイヤーズが紹介します。痛みや問題の要因となっていることの多いエリアとは?私達が注目すべきエリアと目指すべきこととは何なのでしょうか?

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Kinesis
Thomas Myers
Kinesis 代表/アナトミートレイン著者

トム・マイヤーズは、アイダ・ロルフ博士、モーシェ・フェルデンクライス、そしてバックミンスター・フラーから直接指導を受け、またジュディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、そして武道の世界からも学びを得る。

彼のアプローチは、欧州オステオパシースクールで学んだ、頭蓋仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。

過去35年間以...