fbpx 心拍トレーニングを修正する3つの方法 パート1/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★7月のMOVEPROは、トッド・ハーグローブの「ヒトという動物のための健康な動き:4つのプライマルムーブメントに関する進化的&発達的観点」アーカイブビデオ付き!
★2022年もあっという間に中盤。今年皆さんは自分にとって「不可能」だと思っていたことにチャレンジして「可能」を獲得するプロセスを何か経験しているでしょうか

心拍トレーニングを修正する3つの方法 パート1/2

コンテンツ提供:
2850
Article/Video
Article

2008年のことですが、私はPolar社を説得し、チームでの心拍数モニタリング使用法を広く伝えるのを手伝う代わりに、Polar Team 2心拍数モニタリングシステムを一台譲ってもらいました。

すぐにジムに大きなテレビを設置し、すべてを接続し始めました。

この類の技術のごく初期だったので、セットアップして稼働させるのは非常に手間がかかりました。iPadなんて存在する前のことでしたから、特別なPDAを購入し、それをテレビに接続する方法を考え出さなければなりませんでした。

しかし、やっと動作させることができると、もう最高でした!

初めて、トレーニング中の全員の心拍数を見ることができたのです。さらに重要なのは、リアルタイムの心拍数を使ってグループを指導できるようになったということです。

それまでは、一度に複数の人にこれを行うのはほぼ不可能でした。

とは言え、ある人の心拍数を見る唯一の方法は、彼らにチェストストラップを着用させた上でウォッチを持ち、私はシグナルを失わないように必ず十分近いところにいなくてはなりませんでした。

正直、そのせいで気まずい思いをすることもありました。

ジムに来る全員にリアルタイムの心拍数を使用できるようになったことは、まさに大革命でした。それによって私のコーチング方法も変わりました。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

BioForce HRV / 8 Weeks Out
Joel Jamieson
BioForce HRV / 8 Weeks Out 代表

コンバットスポーツのストレングス&コンディショニングのオーソリティーとして世界トップクラスの指導者。Ultimate MMA Conditioning の著者であり、数多くの記事の執筆やカンファレンスのスピーカーとしても広く知られている、エネルギーシステムに関しての第一人者。科学的に裏付けされ、実践的に応用できる、個別化されたトレーニングプログラムを指示することで広く知られる。

...