fbpx 機能とパフォーマンスのための軟部組織マネジメント:股関節複合体重視 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★5月29日(日)はDVRTレベル1認定スペシャルハイブリッドイベント開催決定!スペシャルがいっぱいのコース詳細はこちらをご覧ください
★6月のMOVEPROウェビナーは、Dr.キャシー・ドゥーリーのアナトミーエンジェルコース「前庭系を理解する」の配信決定!過去のアナトミーエンジェルシリーズの収録ビデオを一緒に購入すれば収録ビデオが各¥3,000割引になるキャンペーン実施中。お見逃しなく!

エキスパートから学ぶ原理原則に基づいた軟部組織アプローチ
機能とパフォーマンスのための軟部組織マネジメント:股関節複合体重視

コンテンツ提供:
レニー・パラシーノ
6時間
価格
¥19,800 (税込 ¥21,780)
会員の方は特別価格にて購入可能!
ライト5%引き・スタンダード10%引き・プレミアム15%引き
割引後の価格についてはカート内でご確認いただけます。

機能とパフォーマンスのための軟部組織マネジメント:股関節複合体重視

  • オンラインアクセスのみ - DVDなし:¥19,800 (税込 ¥21,780)

※オンラインアクセスのみの商品に関しては、DVDの送付はございません。一旦ご購入をいただいた商品は、お客様のご都合による返金手続きはお受けいたしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認をいただけますようお願い申し上げます。

※ご購入いただいたスペシャルセミナーのコンテンツは、ログイン後マイページよりいつでも何度でもアクセスをしていただくことができます。

身体組織の許容量を超えたデマンドが身体にかかる時、私達の身体組織は損傷を受けます。デマンドに耐えうる身体を構築するとともに重要になってくるのは、損傷した身体組織の機能をいかに素早くスムーズに回復させるかということでもあるでしょう。

NASMの創始メンバーの一人でもあるレニー・パラシーノは、現在、グレイインスティチュートの指導者として、NBA LAクリッパーズの軟部組織スペシャリストとして、更に地元LAのクリニックでのセラピストとして、トップアスリートから高齢者まで、幅広い層の人々の身体機能とパフォーマンス向上に関わっています。

怪我をした時点から、最終的に”ノーマル”な活動に復帰するまでのプロセスに関する原理原則、ストラテジー、テクニックを、ムーブメントスペシャリストとして、軟部組織スペシャリストとしての観点から、レニーが6時間ウェビナーでシェアします。

  • 怪我の急性期には何が起こるのか?
  • 治癒中/リハビリ中におけるローカル(部分)/グローバル(全体)アプローチのバランス
  • ”ノーマル”への復帰に必要なことは何か(同じことが再度起こることを防ぐ方法)

上記の内容に関する「プロトコルを覚える」のではなく、生物学的なプロセスを理解することで、個体差のある各個人に対応することを可能にする系統的な考え方とアプローチの実践を学びます。

このウェビナーを受講することで、股関節複合体(ハムストリングス、内転筋群、大腰筋なども含む全ての筋群と結合組織)に関連する、よく起こりがちな問題へのソリューションの方策をサポートする科学に基づいたシステムを学びます。更に、怪我の可能性を低下させ健康を維持するための軟部組織のケア方法についても学びます。

徒手療法のバックグラウンドやテクニックをお持ちでない方も容易に学ぶことができる実践的なウェビナーです。

オンラインでのクラス提供ではありますが、2日目の実技クラス受講時にマッサージテーブルとパートナーのいる状況で受講することができれば、レニーと共に、ステップバイステップでテクニックを練習することができます。マッサージテーブル上でのテクニックは、立位でのテクニックと統合され、より機能的で実践的なものとなります。ライブ受講時にマッサージテーブルやパートナーの手配が難しい、という場合にもウェビナー収録ビデオをみながら何度でも繰り返し練習を行うことが可能ですのでご安心ください。

この6時間のウェビナーでカバーされるトピックは下記を含みます:

1日目:理論
統一原理、臨床的推論や実践的応用のための重要な基盤を形成する基礎と科学的根拠についての理論面をカバーします。

  • 各個人が成功する結果のために適用される必要のある、エネルギーの原理、ワークキャパシティに基づいた実践的な選択方法について。
  • 適合の原理原則。特異性のみでなく、過剰な負荷とは?少なすぎる負荷とは?についても解説します。
  • どのテクニックをいつ使用するかの選択に関する洞察を与えてくれる、臨床的推論の基礎について解説します。
  • 解剖学、生理学、ローディング、テクニックの適用で何が起こっているのかいないのか、プラクティショナーとして安全に効果的に行えるのは何か?についての科学的なベーシックをシェアします。

2日目:実技
股関節複合体のための各個人の負荷許容量を最適化するための負荷マネジメントシステムの実践的応用を実技でシェアします。

  • 1日目の科学的理論に基づいて、股関節複合体を重視した系統的なアプローチの適用をします。
  • 股関節の部位的許容量テストを実際に行うことを通して学びます。
  • マッサージテーブル上でのアセスメント&トリートメントの戦略もカバーします。
  • 系統的な考え方のアプローチの活用、環境とハンズオンのテストを活用することで、受講者の皆さんは、数多くの股関節周囲組織の機能不全のソリューションの提供と、股関節複合体の健康増進のためのストラテジーを学びます。

ウェビナー収録ビデオには下記が含まれています:

  • ウェビナー収録ビデオ(6時間)
  • レクチャーのハンドアウトの日本語訳PDF(52枚)
  • 豊富なQ&A

コンテンツ提供者の紹介

Soft Tissue Therapy
Lenny Parracino
Gray Institute 教員/徒手療法家

レニー・パラシーノは、元ナショナルアカデミー・オブ・スポーツメディスン(NASM)の実技インストラクター/クリニシャン及び執筆者であり、現在はグレイインスティテュートにおいて応用機能科学の教員を務める。20年以上に渡って国際的講師、徒手療法士/軟部組織療法士、栄養療法士、運動療法士として健康産業に貢献。

300回以上の講義/ワークショップを講演し、教育資料を執筆、世界中のフィッ...