fbpx より良い結果のためには病気が少ないこと | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレインオンライン筋膜解剖クラス「人工膝関節手術の影響」7月27日に急遽開催決定!手術後の組織や構造の変化を確認するチャンスをお見逃しなく
★身体の再起動ボタンをプレスする方法を楽しく学ぼう!オリジナルストレングスプレスリセット認定コース:大阪クラス(9/22)はこちらへ

より良い結果のためには病気が少ないこと

コンテンツ提供:
2812
Article/Video
Article

2011年、Posnerらは「Epidemiology of Major League Baseball Injuries」という記述的研究を発表しました。研究者たちは、2002年から2008年までにMLBで報告されたすべての怪我を検証し、解剖学的部位に基づいて分類しました。予想通り、肩、肘、ハムストリングス、腰、手、手首など怪我、そして数多くのその他の病気による故障者リスト入りが数多くありました。

興味深いことに、「病気」は「怪我」全体の1.1%を占めています。大したことないですよね?選手たちはインフルエンザや食中毒にかかったり、たまに偏頭痛を起こしたりしますから、これは実は驚くほど少ない。

実は、これは非常に誤解を招きやすい数字なのです。この研究の著者が「方法」のセクションで指摘しているように、「故障者リストに登録された怪我についてのみデータを利用した」のです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Cressey Performance
Eric Cressey
Cressey Performance 代表/CSCS

エリック・クレッシーは、マサチューセッツ州ボストンの西に位置する施設、クレッシー・パフォーマンス(CP)の代表取締役/共同設立者である。

健康なアスリートから負傷したアスリートまで、同様に高い評価を得る彼は、ユースからプロやオリンピックのレベルに到るまで、全レベルのアスリートを対象に、あらゆるスポーツにおいて、ハイレベルなパフォーマンス達成のための指導を行っている。

...