fbpx 害となる可能性のある痛みの説明は果たして役に立つのか? パート2/2 | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレインオンライン筋膜解剖クラス「人工膝関節手術の影響」7月27日に急遽開催決定!手術後の組織や構造の変化を確認するチャンスをお見逃しなく
★身体の再起動ボタンをプレスする方法を楽しく学ぼう!オリジナルストレングスプレスリセット認定コース:大阪クラス(9/22)はこちらへ

害となる可能性のある痛みの説明は果たして役に立つのか? パート2/2

コンテンツ提供:
2443
Article/Video
Article

この記事の前編では、古典的なキネシオパソロジカル・モデル(KPM)のシナリオを紹介しました。 このような論文(Van Dillen 2021)で検証されており、臨床的な改善はかなり良好で、私が好む認知機能療法(CFT)のアプローチ(リンクはこちら)に匹敵します。

私は運動病理学的な説明には賛成しませんが、これが多くの人たちにとって理に叶うものであり、期待を膨らませ、(説明に関係なく)役に立つ可能性のあるプログラムを提供できることを理解することができると思います。

このようなシナリオの多くでは、治療プログラムが役に立つのはなぜかというと:

  • 負荷を管理する(例:悪化させるようなことをするのをやめるなど)
  • 人々をアクティブにし、アクティブな状態を維持する
  • 症状改善をサポートする
  • 痛みのコントロールを助ける
  • 好きなことをやり続ける許可を与える

そのメカニズムは、椎間板の侵害受容や脊椎の不安定性とは無関係かもしれません。 その説明は、潜在的に役立つアプローチへの動機づけ、あるいは導きに過ぎないのです。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Greg Lehman
理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

生物心理社会学モデルにおける筋骨格系機能不全を治療することを専門とした、理学療法士、カイロプラクター、ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

生体力学と痛みの科学そしてランニングレジリアンシーを調和させた2日間の継続教育コースを世界各地40箇所で提供している。

サイプラスで開催されたヨーロッパカイロプラクティックユニオンや、カナダで開催されたマッサージセ...