fbpx 3DMAPS ファシアシリーズ エピソード10:ポステリアダイアゴナル・左右非対称のドライバーを使う | Kinetikos

ステータスメッセージ

★アナトミートレイン®著者トム・マイヤーズ4年ぶりの来日指導は、1/30-2/5の7日間。詳細はこちらへ
★アナトミートレイン®筋膜解剖ライブストリーム「歩行の解剖学とダイナミクス」複雑な歩行のメカニクスと解剖学を素晴らしい解剖の映像とともに学ぶチャンスは2/28-3/2に巡ってきます!詳細はこちらへ

3DMAPS ファシアシリーズ エピソード10:ポステリアダイアゴナル・左右非対称のドライバーを使う

コンテンツ提供:
7:43
Article/Video
Video

グレイインスティチュートの用語で、椎骨の動きのカップリングに関するタイプ1とタイプ2は、どのような動きの組み合わせを意味するのか?ポステリアダイアゴナルの動きを例にとって、腕のドライバーを左右非対称に使うことで、胸椎のカップリングの組み合わせを変更する方法を解説します。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...