fbpx 3DMAPS ファシアシリーズ エピソード20:反対側ラテラルチェーンとトゥイーク | Kinetikos

ステータスメッセージ

★2023年4月3日 (月) から4月7日 (金) の5日間、なんと4年ぶりとなるアメリカ、コロラド州ボルダーでのアナトミートレイン筋膜解剖実習クラス開催決定!詳細はこちらへ。

3DMAPS ファシアシリーズ エピソード20:反対側ラテラルチェーンとトゥイーク

コンテンツ提供:
7:11
Article/Video
Video

同側ラテラルチェーンで注目したのは、支持脚の股関節外転だったのに対して、反対側ラテラルチェーンの動きでは、股関節内転に注目をします。前額面のみでなく、他の動きの2面でも動きを引き出すのなら、どのようなトゥイーク(微調整)ができるのでしょうか?

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Gray Institute
応用機能科学

グレイインスティテュートは応用機能科学( AFS )の導入、開発、修得、提供により国際的に高い認知度を持つ。プロスポーツを含め、あらゆるレベル、能力の個人を対象としたコンサルティング、分析、リハビリテーション、機能のリストア、トレーニング、コンディショニングを幅広く網羅。

ファンクショナルな傷害予防、リハビリテーション、パフォーマンス向上のアプローチにおいて、業界内の最先端をに...