ステータスメッセージ

世界初デジタルリカバリーコーチ「モーフィアス」日本上陸キャンペーンの特別価格提供は、12月9日正午12:00まで!詳しくはこちらへ!

どのようなレスト時間がワークアウト量を最大化するのか? パート2A

2541
Article/Video
Article

パーと1Aはこちらへ
パーと2Bはこちらへ

レスト時間は、従来のレジスタンストレーニングの際のトレーニング量にどのような影響を及ぼすか?

ワークアウト量を最大化するために最適なレスト時間を調べる他の方法は、異なるレスト間隔において、固定されたセット数の中における総レップ数を測定している研究を考察することである。この方法は多くの生態学的妥当性は持たないが、レップ数の不足に直面した際、さらなるセットを追加することが困難ではないため、今までのところほとんどの研究がこの方法で行われている。下記の研究は、フリーウェイトもしくはジムマシーンを使用し、複合または孤立させた動作を含む従来のレジスタンストレーニングの際のレスト期間が、どのようにトレーニング量に影響を及ぼすのかを評価している。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...