ステータスメッセージ

世界初デジタルリカバリーコーチ「モーフィアス」日本上陸キャンペーンの特別価格提供は、12月9日正午12:00まで!詳しくはこちらへ!

どのようなレスト時間がワークアウト量を最大化するのか? パート1B

1931
Article/Video
Article
パート1Aはこちらへ) (パーと2Aはこちらへ

どのレスト時間が等運動性エクササイズの際の筋力の回復を可能にするか?(続き)

チャオウアチ (2011年) - 研究者たちは11-14歳の男子において、膝関節伸展および屈曲における等運動性収縮後の筋力の回復に対する、レスト間隔および収縮速度の影響を評価した。被験者は1秒間に60-300度の速度において等運動性収縮を10回行った。筋力の回復は2,3,4,5分の回復時間において測定された。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...