ステータスメッセージ

世界初デジタルリカバリーコーチ「モーフィアス」日本上陸キャンペーンの特別価格提供は、12月9日正午12:00まで!詳しくはこちらへ!

どのようなレスト時間がワークアウト量を最大化するのか? パート1A

1965
Article/Video
Article
パート1Bはこちらへ) その他のトレーニング変数(例、相対負荷、レスト時間、可動域、エクササイズ選択、限界、およびレップ速度)と比較し、筋力および筋肥大の両方におけるより大きな増進を得るためにより多くの量を使用することに対する、長期のトレーニング研究からの科学的証拠には非常に説得力がある。ゆえに、筋力及び筋肥大に対する最適なレスト時間の長さを明確にするための、長期のトレーニング研究が存在しない限り、総ワークアウト量を最大化するような方法でレスト時間を決定するべきである、ということには議論の余地がある。そこでこの論説ではクリス・ベアスリー(@SandCResearch)が、量を最大化するためにレスト時間がどのように設定されるべきかを調査した研究論文の再考察を行う。

背景

セット数が固定されている場合、セット間におけるより長いレスト時間は、より多くの仕事量が行われることを可能にするということは広く知られている。
《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Strength & Conditioning Research
SCR
ストレングス&コンディショニング/研究者

ブレット・コントレラス – NSCA公認CSCS(ストレングス・コンディショニングスペシャリスト)

ブレット・コントレラスは、アリゾナ州立大学(ASU)で修士課程取得、NSCA (National Strength and Conditioning Association) 認定ストレングス・コンディショニング・スペシャリストである。フィットネ...