fbpx 運動制御がすべて | Kinetikos

ステータスメッセージ

キネティコスMOVEPROウェビナーシリーズ第5弾!トッド・ハーグローブによる「痛みの科学への実践的洞察:フェルデンクライスの観点から」を8月8日&9日にライブ配信。このウェビナーとロリマー・モーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオと同時購入すれば、ビデオ、ウェビナーともに10%オフ!既にモーズリーの「ペイン:痛みの最新知見」ビデオをご購入済みの方は、こちらのリンクからご連絡ください。ウェビナー参加費割引となるクーポンコードをご提供します。

運動制御がすべて

4792
Article/Video
Article

運動制御の重要な構成要素は筋緊張であり、そして不適切な筋緊張について特に話していきたいと思います。

理学療法とリハビリテーションの観点からは、非常に多くの場合、筋の硬さや筋力不足だけを必ずしも所見するわけではありません。

筋の硬さとは、実際の信頼のおけるブレーキシステムがないために、身体がパーキングブレーキを用いるということであることがほとんどです。身体に備わるブレーキシステムは運動制御と呼ばれ、それは入力、情報処理、そして適切な出力に対して繊細にチューニングされています。そのシステムのどこか−動作のどこか、そのコーディネーション、タイミングや対称性のどこか−に欠陥が現れているときに機能不全が所見されます。

《 コンテンツの閲覧にはアカウント登録が必要です。下記よりご登録ください。 》
無料アカウント登録で、コンテンツ閲覧チケットを5つプレゼント!

コンテンツ提供者の紹介

Functional Movement Systems
FMS
Functional Movement Screen
グレイ・クック MSPT, OCS, CSCS

グレイ・クックはリハビリテーションとトレーニングの双方において強い影響力を有する。彼の経歴は、スポーツ医学、及び運動科学学士号を取得し、アスレチックトレーニング、及び心理学を専攻することからスタートした。マイアミ大学では理学療法を学び、ストレングス&コンディショニングに関する学びを深める。

彼は、トレーニング、運動リハビリテー...